骨董品は信頼のおける専門買取業者に売ってしまうのがベスト

site map
骨董品

専門業者で買取されている骨董品の種類

骨董品のカメラ

家庭で使い古した品を買取に出して現金に換える際には、古い品だと価値が低いとみなされて安値に査定されてしまうのが普通です。骨董品の買取だけは例外で、古いものほど逆に価値が高いと鑑定されて高値がつきやすくなります。一口に骨董品と言っても古美術品から古道具の類までいろいろな種類があるため、自宅に眠っている品が高く売れる可能性があることに気づいていない人も少なくありません。
絵画やリトグラフなどの美術品は高値がつきやすい代表的な骨董品で、中国美術の品も高い人気を誇ります。古美術品に分類される骨董品の中でも、掛け軸には山水画や花鳥画・仏画・古筆・断簡など多くの種類に分けられます。陶器や茶道具も根強いファンを持つ骨董品の代表的なジャンルで、過去には戦国時代の茶器が億単位の価格で鑑定された例もありました。
時代家具や西洋アンティーク家具なども年月を経た貴重な品であれば、予想以上の高値がつく可能性があります。この他に甲冑や着物など、もともと身につけることを想定して作られた品も骨董的価値が高い場合は高価買取が可能です。いずれの骨董品も一般のリサイクル店などに持ち込んだ場合は正当に査定されませんので、正確な鑑定が可能な骨董品の専門業者で買取を依頼する必要があります。

TOP